面接では笑顔でアピールすることが重要

面接マスターになろう

これでライバルに差をつけろ!

笑顔で印象をアップさせる

笑顔で印象をアップさせる

笑顔はなぜ重要か

面接で良い印象を与えるためには笑顔が重要だと言われていますが、それはなぜでしょうか。普段知り合いと会話をしていても、笑顔で話してくれる相手には好意的な感情を持つかと思います。笑顔で接することで相手の警戒心を和らげることができて、距離を縮めやすくなるのです。逆に笑顔がなく、無表情で会話をする相手に対してはどのような感情を持つでしょうか。やはり多少なりとも怖さを感じますし、接しにくいかと思います。
これは面接でも同じで、笑顔を作ることで面接官に良い印象を与えることができるのです。笑顔一つで採用される確率が変わってくるので、効果的なタイミングでキレイな笑顔を作ることが重要になってきます。

効果的なタイミング

笑顔を作ることは重要ですが、面接の間中ずっと笑っているのが良いというわけではなく、効果的なタイミングで笑顔を見せることが大切です。笑顔の効果的なタイミングとしてまず挙げられるのが、面接開始直後です。第一印象を決める大切なタイミングですので、面接会場に入って自己紹介するまでの間は、軽い笑顔でいるようにしましょう。一番緊張するタイミングでうまく表情が作れない人が多い中、自然な笑顔を見せることで他の転職者よりも一歩リードした状況を作ることができます。また、笑顔には心の余裕を生む効果があるので、その後のやり取りにも良い影響を与えるでしょう。
次に、面接が始まってからの笑顔のタイミングについてです。過去の体験談などで、自身が嬉しい体験をした瞬間をアピールするときは笑顔のチャンスです。その際は少し歯が見えるくらいにっこり笑ってみましょう。嬉しいことは嬉しそうに話すほうが自然です。緊張のせいで無表情でこのような話をしてしまうと、逆に信ぴょう性を感じられなくなってしまうことがあります。また、面接官が笑顔で会話してくれているときはこちらも笑顔で対応しましょう。相手の好意的な態度にこちらも沿う態度を見せることで、信頼感を得ることができます。

良い笑顔の作り方

まずは鏡の前でうまく笑えているかチェックしてみましょう。「ウイスキー」と言ってその顔をキープし、口角がちゃんと上がっているか見てください。さらに、マスクをした状態で笑ってみても笑顔であることがわかるか確認する方法もおすすめです。
笑顔を作るときのポイントは、目を見開くように笑うのではなく、優しく相手を見るようなイメージで目の力を抜き口角を上げることです。その際は、鼻の両側の皮膚を上に引っ張るイメージで口角を上げてください。また、あごに力が入りすぎてしまうと口角が上手に上がらないので注意しましょう。そして、力が入りすぎて眉間にシワが入ってしまっていないかも確認しておきましょう。

転職を成功させたいならチェックしておこう

やってはいけないNGマナーとは
やってはいけないNGマナーとは

面接に合格するためのコツと同時に、やってはいけないことも押さえておく必要があります。相手に悪い印象を与えてしまうNGマナーを紹介していますので、絶対にこれらの行動は避けるように注意して面接に臨むようにしてください。

PREP法を意識して話す
PREP法を意識して話す

PREP法というのは、質問に対して回答をするときに役立つ会話法です。これを知っておけば、面接官からの質問に的確に回答することができて良い印象を与えることができます。そして結果的に採用の確率を高めることができるでしょう。

第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント
第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント

面接で第一印象が悪いと、その後の短い時間で挽回するのは非常に困難になります。そのため、第一印象が悪い人の特徴を知っておきましょう。もし自分が該当するようであれば、あわせて改善ポイントもチェックしておきましょう。

PAGE TOP
面接マスターになろう
Copyright © 2018 面接マスターになろう All Rights Reserved.