面接におけるNGマナー

面接マスターになろう

これでライバルに差をつけろ!

やってはいけないNGマナーとは

やってはいけないNGマナーとは

面接前後の行動

面接官と直接対峙している面接中だけマナーを意識すれば良いというわけではありません。面接会場に行くまでの間、着いてから面接が始まるまでの間、終わった後など、会場の近くや会場内での過ごし方にも注意してください。
例えば、面接会場に着く前に喫煙をしたり、においの強い食べ物を食べたりしたら、衣類にそのにおいがついて不快感を与えてしまいます。待合室で待っている間も、大きな声で電話をする、足を組んで座る、イヤホンで音楽を聴くなどの行動を偶然見られてしまう可能性がありますし、これらの行動は良い印象を与えません。面接が終わった後も、会場のすぐ近くで休憩したり飲食しているとその姿を見られる可能性があります。面接が終わって安心したからといってそのことを電話で誰かに報告したり、会場のトイレで私服に着替えるというのもNGです。マナーを守って静かに過ごし、面接が終わったら速やかに会場を去りましょう。

時間厳守

時間厳守は社会人として当然のマナーです。数分でも遅刻するとそれだけで不採用になることもありますので絶対に遅れないように事前に面接会場を調べてたどり着くまでの所要時間を確認しておきましょう。会場に到着する時間は面接時間の5~10分前をめどにしてください。そのためには事前に会場を下見しておいたほうが良いでしょう。不安な人は早めに会場付近に着くように出発しておくと安心です。トラブルなどでやむを得ず遅刻する場合は必ず電話で連絡するようにしましょう。
ここで注意したいNGマナーは、連絡をしないで遅刻すること、さらに「場所が分かりづらくて」などと応募先のせいにするような発言です。また、このままだと遅刻しそうだし遅刻したらどうせ採用されないだろうと、面接に行かず連絡もしないのは最悪な行為です。

面接官とのやり取り

面接中のマナーで意識したいのが、面接官の質問の意図を正確に把握することです。質問に対して的外れな回答をしてしまっては当然採用されることはないでしょう。また、結論を言わないでだらだら話し、話が脱線してしまう人も不採用になります。聞かれてもいないことを話し続けてしまうと、会話のキャッチボールのできない人物だと思われてしまいます。
また、自己主張が強すぎる人も敬遠されます。ある程度求める条件というものがあるでしょうが、「夜勤は絶対無理」「休みは固定で」「早出は無理」など、自分の希望だけを主張するようではだめです。協調性がなくわがままな印象を与えることになるので、一方的に希望条件を言うのではなく、あくまで相手との条件「交渉」であることを意識して面接に臨んでください。看護師の仕事はチームプレーのため、面接では注意深く見られるポイントとなります。

転職を成功させたいならチェックしておこう

やってはいけないNGマナーとは
やってはいけないNGマナーとは

面接に合格するためのコツと同時に、やってはいけないことも押さえておく必要があります。相手に悪い印象を与えてしまうNGマナーを紹介していますので、絶対にこれらの行動は避けるように注意して面接に臨むようにしてください。

PREP法を意識して話す
PREP法を意識して話す

PREP法というのは、質問に対して回答をするときに役立つ会話法です。これを知っておけば、面接官からの質問に的確に回答することができて良い印象を与えることができます。そして結果的に採用の確率を高めることができるでしょう。

第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント
第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント

面接で第一印象が悪いと、その後の短い時間で挽回するのは非常に困難になります。そのため、第一印象が悪い人の特徴を知っておきましょう。もし自分が該当するようであれば、あわせて改善ポイントもチェックしておきましょう。

PAGE TOP
面接マスターになろう
Copyright © 2018 面接マスターになろう All Rights Reserved.