持ち物リストをチェックして面接に向かおう

面接マスターになろう

これでライバルに差をつけろ!

面接に必要な持ち物リスト

面接に必要な持ち物リスト

各書類のコピーやパンフレット

面接では基本的に提出した履歴書や職務経歴書の内容について質問されます。ですので、自分が書類に記載した内容を忘れてしまうと質問にうまく回答できなくなってしまいます。応募先ごとに記載内容が異なる部分があるかと思いますので、面接前に読み返すことができるように書類のコピーをとって持っていき、ギリギリまで面接に備えられるようにしておきましょう。また、実際の提出書類も含めて折れたあとやシワができないように、クリアファイルに入れておく必要があります。バッグもそれに合わせてA4サイズが入るものにしてください。
また、提出書類だけではなく求人情報・募集要項のコピーやパンフレットなど施設の案内が載った書類も準備しておきましょう。面接前に応募先の情報をおさらいしたり、求める人材像を改めて確認することができます。面接は自分をアピールするだけではなく応募先のことを詳しく知ることのできる機会でもありますので、こちらから聞きたいことがある場合はこれらの書類にメモをとっておくと良いでしょう。

筆記用具

筆記試験がある場合筆記用具は必須ですが、ない場合でもアンケートの記入などを求められることがあるので筆記用具の用意をしておきましょう。最低でもボールペン、シャープペン、消しゴムは必要です。また、面接前後に気になることがあればメモをとったり、その場で入職日の日程調整をすることもありますので、ノートとスケジュール帳も準備しておきましょう。

スマホ・携帯電話

トラブルで面接の時間に遅れそうになったときに必要になります。充電も満タンにしておきましょう。スマホのアプリを使って面接会場までの道のりを検索することもできます。いざというときに使えなくなってしまわないようにアップデートをしておきましょう。そして、応募先の連絡先や担当者の名前を登録しておきましょう。スケジュール帳にも記載しておけばなお安心です。
注意点としては、面接中に着信音やバイブ音が鳴らないようにしておくことです。電源を切るかサイレントモード、機内モードにしておくことを忘れないようにしてください。

現金

交通機関を利用する場合はICカードを使う人がほとんどだと思います。加えて、買い物の支払いはクレジットカードで、普段現金をほとんど持ち歩かないという人が増えています。しかし、トラブルにあってタクシーを利用しなければならない状況になったとき、タクシーの場合クレジットカードが利用できないところもありますので、そういったときに困らないよう、ある程度の現金は用意しておいたほうが安心です。

転職を成功させたいならチェックしておこう

やってはいけないNGマナーとは
やってはいけないNGマナーとは

面接に合格するためのコツと同時に、やってはいけないことも押さえておく必要があります。相手に悪い印象を与えてしまうNGマナーを紹介していますので、絶対にこれらの行動は避けるように注意して面接に臨むようにしてください。

PREP法を意識して話す
PREP法を意識して話す

PREP法というのは、質問に対して回答をするときに役立つ会話法です。これを知っておけば、面接官からの質問に的確に回答することができて良い印象を与えることができます。そして結果的に採用の確率を高めることができるでしょう。

第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント
第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント

面接で第一印象が悪いと、その後の短い時間で挽回するのは非常に困難になります。そのため、第一印象が悪い人の特徴を知っておきましょう。もし自分が該当するようであれば、あわせて改善ポイントもチェックしておきましょう。

PAGE TOP
面接マスターになろう
Copyright © 2018 面接マスターになろう All Rights Reserved.