面接では3秒で第一印象が決まる

面接マスターになろう

これでライバルに差をつけろ!

メラニアンの法則

面接の際に重要となる第一印象ですが、この印象というのは実は非常に早い段階で決まってしまいます。この第一印象が悪いとその後の短い時間で挽回することが難しくなってしまいますので注意してください。
心理学者のアルバート・メラニアンが行った研究では、人間の第一印象は出会って3秒で決まるとされています。これは「メラニアンの法則」と呼ばれ、初対面の人について視覚・聴覚・言語の3つの情報が与えられたとき、その人の印象を左右する情報は視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%になるというものです。つまり、何を話しているかといったことよりも、まずはその人の見た目や声で最初の印象が決まっていくということです。そのため、第一印象を良くするためにはちょっとしたコツが必要になってくるのです。

コミュニケーション力

メラビアンの法則では視覚的な情報が第一印象を決める大きな要素となりますが、聴覚的な情報も第一印象を左右する重要なポイントになります。話の内容というよりも、声のトーンや話し方の部分になります。相手の目を見ながら笑顔で話しつつ、早口にならないように注意し、聞き取りやすい声のトーンを意識しましょう。ハキハキとした挨拶も良い印象を与えるために重要なポイントです。また、ジェスチャーを交えながら話すと伝わりやすい傾向があります。
これらを意識して面接に臨むことで、面接官にコミュニケーション力の高さをアピールすることができます。看護師は人と接しながら仕事を進めていくことになるので、コミュニケーション力は非常に重要な項目になります。面接官から聞かれたことに笑顔で答えられるようにしておきましょう。また、聞かれたことに対して的確な返答をしなければなりませんので、面接官がその質問によって聞きたいことは何なのか、どのような答えが良い印象を与えるのかといったことを考える必要があります。聞かれてもいないことをベラベラと話してしまうようでは、人の話を聞かない人という印象を与えてしまいます。

話す内容について

メラニアンの法則でいうところの言語情報、つまり話す内容はそこまで第一印象を決定づける要素にはなりません。しかし看護師の面接においては、見た目や話し方で良い印象を与えていたとしても、話す内容を間違ってしまうことで印象が悪い方向に変わってしまう可能性もありますので注意してください。具体的には、面接先の情報を把握しているかどうかという部分が重要です。面接先となる病院などの施設のホームページ・パンフレットなどはしっかり読んでおくようにしてください。面接官から施設についての質問をされることがありますが、事前に調べておけばスムーズに答えることができ、「本当にここで働きたいのだな」という印象を与えることができます。

転職を成功させたいならチェックしておこう

やってはいけないNGマナーとは
やってはいけないNGマナーとは

面接に合格するためのコツと同時に、やってはいけないことも押さえておく必要があります。相手に悪い印象を与えてしまうNGマナーを紹介していますので、絶対にこれらの行動は避けるように注意して面接に臨むようにしてください。

PREP法を意識して話す
PREP法を意識して話す

PREP法というのは、質問に対して回答をするときに役立つ会話法です。これを知っておけば、面接官からの質問に的確に回答することができて良い印象を与えることができます。そして結果的に採用の確率を高めることができるでしょう。

第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント
第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント

面接で第一印象が悪いと、その後の短い時間で挽回するのは非常に困難になります。そのため、第一印象が悪い人の特徴を知っておきましょう。もし自分が該当するようであれば、あわせて改善ポイントもチェックしておきましょう。

PAGE TOP
面接マスターになろう
Copyright © 2018 面接マスターになろう All Rights Reserved.