面接で悪い第一印象を与えてしまう人の改善ポイント

面接マスターになろう

これでライバルに差をつけろ!

第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント

第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント

悪い印象を与えないために

第一印象というのはあくまで印象に過ぎないので、実際にそういう人物であるということではありません。しかし、第一印象で持たれたイメージを面接などの限られた時間の中で変化させるのは非常に難しいです。そのため、第一印象が悪い人はどうしても不利になります。以下に第一印象が悪い人の特徴や、それを改善するためのポイントを紹介していきますので確認していきましょう。

怖い

第一印象で怖いと思われてしまう人は、決して攻撃的な態度を取っているというわけではなく、他の部分で怖いと思われてしまうことが多いようです。例えば無表情であったり、無口であったり、男性であれば体格の大きい人も怖いと思われてしまう可能性が高いようです。この場合、まずはきちんと挨拶をすることを意識してください。そして、表情は笑顔でいることが大切です。面接だけではなく実際に働く時にも、患者さんとの信頼関係を築くためには笑顔で対応することが重要となります。笑顔でいることで余裕を持つことができるというメリットもあります。緊張している状況で笑顔になるというのは難しいかもしれませんが、意識して大きめの笑顔を作り、明るい声で挨拶するように心がけましょう。

馴れ馴れしい

面接官との距離を縮めるために、最初から話す量が多すぎたりあまりにもリアクションが大きいと、馴れ馴れしい印象を与えてしまいます。初めて会う人に対しては距離感を大切にしなければなりません。こういった印象を持たれてしまう人は自覚症状が薄い傾向があるので、心配であれば仲の良い知人に自分はその傾向があるかを確認しておきましょう。もし馴れ馴れしいと思われてしまう可能性があるなら、まずは相手の反応を見て、徐々に距離感を縮めていくように意識して面接に臨む必要があります。

不潔

特に看護師の仕事は清潔感が重要になるので、第一印象で不潔な印象を持たれてしまうと非常に不利になります。髪が長い場合は後ろで一つに束ね、目立たない色のゴムやクリップでとめておく必要があります。短い場合でも髪が顔にかからないようにピンでとめたりなどの工夫が必要です。
また、患者さんに触れる機会が多いので爪の長さも重要です。目安としては3mm以下を目安に切っておきましょう。爪の間が汚れているのも衛生的ではないので、しっかりチェックしておいてください。

元気がない

元気がなくおとなしい印象を与えてしまう人の特徴として挙げられるのは、声が小さく目線がうつむきがちな人です。普段は明るいのに、いざ面接となると緊張してしまいこのような印象を与えてしまうという人も多いです。そのため、大きな声で会話することと、相手の目を見て会話することを常に意識する必要があります。

転職を成功させたいならチェックしておこう

やってはいけないNGマナーとは
やってはいけないNGマナーとは

面接に合格するためのコツと同時に、やってはいけないことも押さえておく必要があります。相手に悪い印象を与えてしまうNGマナーを紹介していますので、絶対にこれらの行動は避けるように注意して面接に臨むようにしてください。

PREP法を意識して話す
PREP法を意識して話す

PREP法というのは、質問に対して回答をするときに役立つ会話法です。これを知っておけば、面接官からの質問に的確に回答することができて良い印象を与えることができます。そして結果的に採用の確率を高めることができるでしょう。

第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント
第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント

面接で第一印象が悪いと、その後の短い時間で挽回するのは非常に困難になります。そのため、第一印象が悪い人の特徴を知っておきましょう。もし自分が該当するようであれば、あわせて改善ポイントもチェックしておきましょう。

PAGE TOP
面接マスターになろう
Copyright © 2018 面接マスターになろう All Rights Reserved.