面接では無難な服装がベスト

面接マスターになろう

これでライバルに差をつけろ!

やはりスーツが基本

女性看護師が面接時の服装で意識しておきたいポイントは、常識にあっているか、職業にふさわしいか、職業にあっているか、といった点です。まず常識にあっているかという部分ですが、面接の場にラフな普段着で行くのは常識がないと言えます。社会人としてのマナーとして、スーツを着ることが求められます。職業にふさわしいかという部分についてですが、看護師の場合はメイクやネイル、香水などについて厳しく制限が設けられている場合があります。派手なメイクやネイルは清潔感がない印象を与えてしまいます。また、細かい部分もチェックされるので、シワや汚れ、ほつれやボタンが取れていないかなどもチェックしておきましょう。職場にあっているかという部分についてですが、看護師は医療機関で働くことになるので、人の命にかかわる責任の重い仕事ということになります。そのため、服装にも責任感や真剣さが感じられるようにしなければなりません。繰り返しになりますが、やはりこの点から考えてもスーツを着ていくのが一番良いでしょう。

どんなスーツ

服装はスーツで決まりですが、ではどのようなスーツが良いのかと言うと、基本的には黒や紺、グレーといった落ち着いた色のスーツが良いでしょう。もし年齢的に黒いリクルートスーツは似合わないという場合は、グレーのスーツがおすすめです。パンツスーツかスカートかについてですが、スーツであればどちらでも構いません。ただ、スカートの場合は短すぎないように注意してください。

ブラウスやストッキング

スーツの中に着るブラウスは、白色のものにしましょう。胸元にフリルが付いているものは面接向きじゃないので避けてください。シンプルなブラウスかカッターシャツタイプのものが良いです。また、ストッキングは肌の色に近いナチュラルカラーを選択してください。黒のストッキングはNGです。そして、ストッキングは伝線する可能性があるので、替えのストッキングをもって面接会場に向かうことをおすすめします。

メイク

女性の場合メイクが必要になりますが、ナチュラルメイクが望ましいと言えます。派手なメイクは当然避けたほうが良いですが、とはいえスッピンでも社会人としてのマナーがないと判断されてしまいますので、眉毛を自然に整え、アイメイクも控えめにしておきましょう。ちょっとしたコツとして、うっすらチークを入れておくと健康的な印象を与えることができます。付けまつげは派手な印象を与えるのでNGです。

アクセサリーやネイル

女性はアクセサリーを付けている人も多いですが、面接の際は外すか控えめにしておきましょう。もし付ける場合は小さくてシンプルなピアス、小さめの石が付いているネックレスなどにしておいたほうが良いです。また、ネイルやマニキュアも意外と見られるポイントですので、現在ネイルやマニキュアをしている人はしっかり落としていくようにしてください。

転職を成功させたいならチェックしておこう

やってはいけないNGマナーとは
やってはいけないNGマナーとは

面接に合格するためのコツと同時に、やってはいけないことも押さえておく必要があります。相手に悪い印象を与えてしまうNGマナーを紹介していますので、絶対にこれらの行動は避けるように注意して面接に臨むようにしてください。

PREP法を意識して話す
PREP法を意識して話す

PREP法というのは、質問に対して回答をするときに役立つ会話法です。これを知っておけば、面接官からの質問に的確に回答することができて良い印象を与えることができます。そして結果的に採用の確率を高めることができるでしょう。

第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント
第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント

面接で第一印象が悪いと、その後の短い時間で挽回するのは非常に困難になります。そのため、第一印象が悪い人の特徴を知っておきましょう。もし自分が該当するようであれば、あわせて改善ポイントもチェックしておきましょう。

PAGE TOP
面接マスターになろう
Copyright © 2018 面接マスターになろう All Rights Reserved.