面接で爽やかな印象を与える髪型

面接マスターになろう

これでライバルに差をつけろ!

【男性編】爽やかさのある髪型にする

【男性編】爽やかさのある髪型にする

基本的な髪形

爽やかさを意識する場合、前髪は眉にかからない程度の長さにしておくことが大切です。おでこを出して左右に前髪を流すと表情が良く見えて明るい印象を与えることができます。サイドの髪に関しては長いとやぼったく見えてしまいますので、耳にかからないくらいで左右対称の長さにそろえましょう。
くせ毛の人でも短めにカットしてワックスで流すように整えれば問題ありません。また、男性の場合は薄毛が気になる人もいるでしょう。その場合は、髪の毛の薄い部分と多い部分の毛量が同じくらいになるようにカットしてもらえば、薄毛は目立たなくなります。このようにしっかりセットすることでくせ毛や薄毛でもマイナスの印象を与えることがないように工夫することができますので、自分に合う髪型を探してみましょう。

細かいところも忘れずに

襟足やもみあげもこまめにチェックしておく必要があります。まず襟足はスーツの襟にかからない程度の長さにしておきましょう。前から見て襟足が左右に見えると長くて不潔な印象を与えてしまいます。襟足を刈り上げるのに抵抗がある人は、短くカットして量を減らすようにしておきましょう。そしてもみあげはサイドと同じく耳にかからないようにしてください。これも短すぎるのは抵抗があるという人は、ワックスなどで整えて耳が見えるようにしておきましょう。

髪色は黒で

髪色については黒一択です。職場によっては多少の色が入っていてもOKという場合もあるかもしれませんが、面接のときは黒に染めておく必要があります。面接官の年齢層は面接先によって異なりますので、特に上の年代の方はヘアカラーに厳しい意見を持っている場合が多いです。そのため、現在色が入っている場合は黒に染めて、爽やかさや誠実さを印象付けるようにしましょう。過去にパーマをあてた影響で髪色が薄くなってしまったという場合でも、黒染めをしておいたほうが良いでしょう。

ベリーショートが一番

長髪は極めて不潔でだらしない印象を与えるので絶対にNGです。また、短い坊主やスキンヘッドもすっきりはしているものの怖い印象を与えてしまう可能性があるので避けたほうが良いでしょう。一番良いのはベリーショートです。面接官だけではなく、実際に働くことになった場合にも同僚の女性看護師や患者さんに爽やかな印象を与えることができ、仕事にも良い影響をもたらすことができます。夜勤の時も、仮眠によって髪型が崩れてもベリーショートならすぐに直すことができて便利です。実際、男性看護師のほとんどはベリーショートを選んでいますので、短くさっぱりとした髪型がベターと言えます。

転職を成功させたいならチェックしておこう

やってはいけないNGマナーとは
やってはいけないNGマナーとは

面接に合格するためのコツと同時に、やってはいけないことも押さえておく必要があります。相手に悪い印象を与えてしまうNGマナーを紹介していますので、絶対にこれらの行動は避けるように注意して面接に臨むようにしてください。

PREP法を意識して話す
PREP法を意識して話す

PREP法というのは、質問に対して回答をするときに役立つ会話法です。これを知っておけば、面接官からの質問に的確に回答することができて良い印象を与えることができます。そして結果的に採用の確率を高めることができるでしょう。

第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント
第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント

面接で第一印象が悪いと、その後の短い時間で挽回するのは非常に困難になります。そのため、第一印象が悪い人の特徴を知っておきましょう。もし自分が該当するようであれば、あわせて改善ポイントもチェックしておきましょう。

PAGE TOP
面接マスターになろう
Copyright © 2018 面接マスターになろう All Rights Reserved.