面接で誠実さを伝えるための服装

面接マスターになろう

これでライバルに差をつけろ!

【男性編】誠実さが伝わる服装にする

【男性編】誠実さが伝わる服装にする

スーツ

看護師の転職の場合、施設によってはスーツ着用が義務付けられていない場合があります。ですが、スーツを着ておくに越したことはないでしょう。しっかりした服装は、相手に熱意や誠意を伝えることができます。もし自分が採用側だった場合、スーツじゃなくても良いと言ったものの、普段着で面接に来られたらどう思うでしょうか。本当に入職したいと思っているのだろうか、といった印象を持つかと思います。色は黒か、紺やグレーの濃い色が良いでしょう。ストライプ柄や明るい色のスーツはNGです。ダブルのスーツは貫禄が出てしまうので避けたほうが良いです。そして、一番下のボタンは外しておきましょう。パンツはちゃんと折り目のあるものを履いてください。面接の前にはクリーニングに出しておくことをおすすめします。

ネクタイ

ネクタイに関してですが、スーツやシャツに比べると選べる色の自由度が高いので、自分の雰囲気に合うものを選びましょう。ただし、派手すぎるものはNGです。具体的には、ストライプや小さめのドットが入ったもの、あるいは単色のものでできるだけシックな柄を選ぶようにしてください。結び方に関しては、襟の形に合わせて結ぶようにしてください。

シャツ

次にシャツですが、色柄物は避けてください。そしてボタンダウンもNGです。基本的に白いシャツを着ていけば問題ありません。白に近い淡い色でも問題ありませんが、清潔感を考えるとやはり白が良いでしょう。基本的にはレギュラーカラーがどんなスーツにも合わせやすいですが、スーツや自分の体形に合ったものを選ぶようにします。そして、襟や袖の汚れがないように注意してください。アイロンをしっかりかけておくことも大切です。また、肌が透けて見えると清潔感がないので、白無地のアンダーシャツを着ておきましょう。

バッグ

バッグはA4サイズの書類がそのまま入るサイズのビジネスバッグを選びましょう。リュックサックなどはNGです。色は黒が無難でしょう。書類や筆記用具を取り出す際にもたつかないように機能性の高いものを購入しておくことをおすすめします。面接時にはバッグを椅子の横に置くことになりますので、倒れてしまわないように自立するタイプのものが好ましいです。

靴下・靴

靴下はスーツに合わせて黒や紺色などの落ち着いた色のものにしてください。くるぶしまでの靴下はNGです。靴は黒の革靴が基本です。一見ローファーも革靴に似ているのでOKだと認識してしまいがちですが、カジュアルな服装の部類に入るのでNGです。

転職を成功させたいならチェックしておこう

やってはいけないNGマナーとは
やってはいけないNGマナーとは

面接に合格するためのコツと同時に、やってはいけないことも押さえておく必要があります。相手に悪い印象を与えてしまうNGマナーを紹介していますので、絶対にこれらの行動は避けるように注意して面接に臨むようにしてください。

PREP法を意識して話す
PREP法を意識して話す

PREP法というのは、質問に対して回答をするときに役立つ会話法です。これを知っておけば、面接官からの質問に的確に回答することができて良い印象を与えることができます。そして結果的に採用の確率を高めることができるでしょう。

第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント
第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント

面接で第一印象が悪いと、その後の短い時間で挽回するのは非常に困難になります。そのため、第一印象が悪い人の特徴を知っておきましょう。もし自分が該当するようであれば、あわせて改善ポイントもチェックしておきましょう。

PAGE TOP
面接マスターになろう
Copyright © 2018 面接マスターになろう All Rights Reserved.