面接の際に清潔感が伝わる髪型の作り方

面接マスターになろう

これでライバルに差をつけろ!

【女性編】清潔感が伝わる髪型にする

【女性編】清潔感が伝わる髪型にする

基本的なポイント

女性の場合、まずはお辞儀しても髪が顔にかからないようにまとめておく必要があります。前髪が長すぎると顔全体が暗く映ってしまうので、注意してください。髪が長い場合は顔が見えるように束ねておきましょう。ヘアカラーに関しては派手すぎない色でなければ問題ありませんが、カラーを入れるのが禁止の職場もあるので事前に確認しておく必要があります。黒がもっとも無難で清潔感を与えられるでしょう。

髪をまとめる際の下準備

長い髪をまとめる際のコツを紹介します。まずはまとめ髪をする際に必要な下準備を知っておきましょう。このコツを知っておけば髪の崩れにくさが全然違ってきます。最初に、ワックスを適量取って手に馴染ませましょう。そして内側から外側の順番で指を使いながらなじませていきます。その後、ブラシを使って髪をとかしていきましょう。ワックスの種類についてはハード・ドライタイプのものは避けてください。

髪のまとめ方

では、具体的な髪のまとめ方を紹介していきます。まず、髪の毛を後ろに耳の高さで結びましょう。この際、位置が高いと若い印象を与え、低いと落ち着いた印象を与えます。前髪はこの際に内巻きに巻いておきましょう。そして、結んだ髪の毛のゴムのあたりを押さえつつ、巻いていきましょう。その際に段々になってしまわないよう、頭に沿って浮かないように巻いていくのがコツです。
そして巻いたお団子が緩んでしまわないように片手でしっかり押さえつつ、ネットをかぶせましょう。その際、緩まないようにお団子部分を押さえつつ、もう一方の手でネットのゴムを広げます。そしてゴム部分を髪を結ぶ際のように一度ねじってからお団子部分にかけましょう。この時点ではまだしっかり固定されていないので、引き続きしっかり手で押さえておいてください。
次にUピンでお団子を固定しますが、その際にお団子部分を少しすくって頭皮に向かって刺すとうまくいきます。頭皮にピンが当たったら、今度はピンを下向きに返して頭皮に沿う形で固定しましょう。これをいろんな方向から刺し、固定していってください。しっかりと固定されていることを確認したら、合わせ鏡を使いながら形を整えていきます。お団子と頭の間に隙間があると不格好なので、しっかり頭と密着しているかを確認しましょう。
髪をまとめる際に必要な物は、ネット・ゴム・コーム・Uピン・カーラー・ハードスプレーになります。ネットは糸が細かいもののほうが仕上がりが自然になるのでおすすめです。
以上が髪のまとめ方です。面接時だけではなく実際に働く際にも役立つので、ぜひ参考にしてください。

転職を成功させたいならチェックしておこう

やってはいけないNGマナーとは
やってはいけないNGマナーとは

面接に合格するためのコツと同時に、やってはいけないことも押さえておく必要があります。相手に悪い印象を与えてしまうNGマナーを紹介していますので、絶対にこれらの行動は避けるように注意して面接に臨むようにしてください。

PREP法を意識して話す
PREP法を意識して話す

PREP法というのは、質問に対して回答をするときに役立つ会話法です。これを知っておけば、面接官からの質問に的確に回答することができて良い印象を与えることができます。そして結果的に採用の確率を高めることができるでしょう。

第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント
第一印象が悪い人の特徴と改善ポイント

面接で第一印象が悪いと、その後の短い時間で挽回するのは非常に困難になります。そのため、第一印象が悪い人の特徴を知っておきましょう。もし自分が該当するようであれば、あわせて改善ポイントもチェックしておきましょう。

PAGE TOP
面接マスターになろう
Copyright © 2018 面接マスターになろう All Rights Reserved.